■奇跡のレーシック:目に疾患がある時のレーシック

もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 





フコイダンならこちら
フコイダン
URL:http://daiichi-sangyo.com/


■奇跡のレーシック:目に疾患がある時のレーシックブログ:201019

ぼくは、33年間共働きをし、
夫の両親と同居して、
二人の子どもを育ててきた。

その間に夫の両親も見送った。
子ども達も独立し、自分達の子育てに真っ最中。

忙しい思いや金銭的な苦労もした…

それらが一段落した時に
ぼくの身体に癌が見つかった。

しかし、この思ってもいなかった病気の体験から、
命も大切だが、それと同じ位大切なものがあることを、
ぼくは少しわかった気がする。

長い入院生活中、部屋に来る看護師さんは、
どの方も何度も笑顔と優しい言葉をかけてくれた。
落ち込みがちな気分も、その笑顔と言葉で明るくなる。

夫は、慣れない炊事や洗濯をし、
日々病院に来てくれ、いつも側にいてくれた。

それは、ぼくに生きたいという気持ちを持たせ、
辛い治療を忘れさせた。

外泊の日は
布団を干し、部屋を片付け、気持ちよく迎えてくれた。

ぼくも外泊の時は、
出来るだけ夫の夕方食は、何品かを作り置きしていた。

病院へぼくを送り届ける時、
いつも「すまんのう」と
夫は感謝の言葉を言ってくれた。

ぼくの方こそ
日々病院に来てくれる事への感謝の言葉を
言わねばならないのに…

そんな夫の言葉や思いやりが嬉しくて、
病院で一人になると涙が出てしようがなかった。

病院での服装に、
いつも気を遣ってくれたいもうとの優しさ…

子ども達や幼い孫達の
「元気になったらまた遊ぼう」という言葉…

食欲のないぼくの為に、
日々のように「元気になって」と、
病院では出ない食べ物を届けてくれた
学生時代の友人達…

どれも生きる希望、生きたい思いにつながった。

もちろん命は大切だが、それと同じ位、
人を思う心やそれを伝える言葉は大切なものではないか…と
ぼくは実感している。

ホーム サイトマップ