■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 



■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:210116

減量にとって、
連日お風呂に入ることはとっても大切だと思います。

シャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、
連日ちゃんとお風呂に浸かると、
減量効果が期待できるんですよ!

お風呂に減量効果があるといっても、
お風呂に入れば、脂肪が燃えるということではありません。

実際、入浴で消費されるカロリーはそれほど高くはないそうです。
個人差はありますが、
30分の入浴でだいたい90kcalぐらいだそうです。

お風呂に入った後、体重を量ると
少し減っていることがありますが…
それは汗で水分が出ていった分が減っているだけで、
水分を補給すればすぐにもとに戻ってしまいます。
ですから、脂肪が燃えて体重が減ったわけではないのです。

では、
お風呂の減量効果って何なのかというと…

まず、お風呂で汗をかくことは、
体の中に溜まっていた余分な水分や老廃物を
排出することになるので、
むくみの解消につながります。

さらに、
体の芯から温まって汗をかくことで、
体全体の代謝が良くなります。

連日お風呂に入る習慣をつければ、
自然と基礎代謝量が増えることになり、
結果として減量につながるわけですね。

つまり、
お風呂に入ることは、
脂肪を燃やしやすい体にしてくれる効果がある
ということになるわけです。

また、一日1回、
ゆっくりリラックスできる時間があるということは、
イライラがたまりやすい減量には
とても大切なことじゃないでしょうか?

入浴剤や音楽、好きな本などで、
自分だけのリラックスタイムを作って、
減量を楽しみましょう!


ホーム サイトマップ