■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 



■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:210415

皆さんは
ダイエットをするのに適した季節があるのを
ご存知でしょうか?

実は冬場って、
最もダイエットに適した季節だと言われているんですよ!

「冬太り」などという言葉があるくらいですから、
むしろ冬場はダイエットに向いていないのでは?
と、思われているかもしれませんが…

現実は、まったくの正反対なんです!

冬場がダイエットに効果的な季節である理由として、
代謝ということが大きく関係しています。

代謝は、普通にぼくたちが生活をしていく中で
消費されるエネルギーの量のことを言います。

冬というのは、一般的に寒いですよね。
身体にとって、寒すぎるというのは
時として危機的な状況を生み出します。

そこで、ぼくたちの身体は、
気温が低下してくると
自分でぼくをポカポカな状態にして、熱を確保しようとします。

運動をした後に、
身体がポカポカしてくるような経験をしたことってありますよね?
このポカポカ感は、
自分でエネルギーを生み出すことによって生じているわけです。

身体を暖かくするためには、
エネルギーを多く消費する必要があります。

このため、
別に身体を温める必要が無い夏場と比べると、
冬の方が消費されるエネルギーはもともと高めになるわけです。

ですから、冬場にちょっとした運動をすれば、
さらに消費されるエネルギーの量は増大します。

消費されるエネルギーの量が増えるということは、
ダイエットにつながっていくのです。

そういうわけで、
ダイエットをするなら、冬場にスタートした方が、
より効果が早く現れるんです。


ホーム サイトマップ