■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 



■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:201123

シェイプアップを行う時、
「食べない」あるいは「ご飯制限を行う」ことで、
成功させようとしている方が多いですよね。

ご飯内容をコントロールすることは、シェイプアップにとって重要ですが、
食べ方を間違えると、
常に空腹感を感じたり、リバウンドしやすくなったり…

例えば…
デビュー以来、スリムな体を維持し続けた
オードリー・ヘップバーンのご飯法は、
最初に野菜をたくさん食べて、高カロリーなものを減らす…
というご飯方法だったそうです。

一見、納得できそうなご飯方法なのですが、
この食べ方は、一時的には腹が満足しますが、
すぐに腹がすいてしまうことがあるんですよね!

空腹感を長い時間感じずにいられる食べ方は、
最初にタンパク質を摂るのが、正解なんだそうです。

タンパク質は胃で消化するのに時間がかかるので、
満腹感が続くわけです。

シェイプアップはタンパク質の摂り方で、
成功するか失敗するかが決まるみたいですね。

また、シェイプアップを成功させるためのご飯は、
栄養バランスのとれたご飯を適量摂ることですから、
不要な栄養素というのは、無いと思った方が良いでしょう。

シェイプアップ中は、脂質や糖質を摂らないようにしようと考えますが、
これらが不足すれば、肌や髪にダメージが起こりますし、
脳に栄養が行かなくなってしまいます。

脳は糖質だけを栄養にしていますので、
糖分が不足すると、頭の回転が鈍ったり、
効率良く仕事をこなすことが出来なくなってしまうのです。

シェイプアップを成功させるには、
色々な食品を、少しずつ食べるのが理想的なんですね!


ホーム サイトマップ