■奇跡のレーシック:気になるレーシック手術の使用器具

■奇跡のレーシック:気になるレーシック手術の使用器具


■奇跡のレーシック:気になるレーシック手術の使用器具
レーシックではまず最初に角膜の表面をスライスしていき「フラップ」と言われている蓋状のものを作っていきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。

レーシックというのは、非常に精密手術と言え、術後すぐに視力回復を実感することが出来ます。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。
どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックというのは、角膜にエキシマレーザーと言われているレーザーを照射し、屈折率の矯正をして視力を回復していきます。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。





■奇跡のレーシック:気になるレーシック手術の使用器具ブログ:201020

子どもは出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「体操」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

子どもはとにかく身体を動かしまくるものだが、
子どもが身体を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りも子どもの脳のシナプスを増やすことになるので、
ママは子どもから喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

子どもは昼間活動しまくると、23時は熟睡をするもの。
子どもは睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかる子どもなど1人もいない。

子どもがこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実に子どもは、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
子どもが笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
子どもは笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
ママが必死になって育児をしているために、
その姿が子どもにとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したようなママは、
子どもの脳の成長に大損害を与えているのであって、
子どもが笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。


■奇跡のレーシック:気になるレーシック手術の使用器具

■奇跡のレーシック:気になるレーシック手術の使用器具

★メニュー

■奇跡のレーシック:気になるレーシック手術の使用器具
■奇跡のレーシック:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■奇跡のレーシック:適性はレーシックの種類によって変わる
■奇跡のレーシック:目に疾患がある時のレーシック
■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき
■奇跡のレーシック:最も気になるレーシックの治療費用
■奇跡のレーシック:レーシックとドライアイとの関係
■奇跡のレーシック:松坂選手もレーシックを受けました
■奇跡のレーシック:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■奇跡のレーシック:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)裸眼で見えるようになる奇跡のレーシック